結婚式?!(Marriage)

結婚とは、他人である男女2人が夫婦になること、結婚すること。男女の継続的な性的結合と経済的協力を伴う同棲関係(最近はそうでもない場合がございます。)で、社会的に承認されているもので、法律上、両性の合意と婚姻の届け出によって成立する。「結婚」というこの言葉は、全世界共通で完全に明確な意味を持ちます。結婚は、生涯の中でもっとも慎重に選択しなくてはいけない人生の分岐点の一つです。

結婚式?!(marriage ceremony)

結婚式とは、神仏あるいはしかるべき人々の前で、2二人の人間もしくは2つの家族が婚姻という形式である結婚の誓約をする儀式。

結婚式の2次会

挙式、披露宴の次に結婚式と言えば2次会、挙式や披露宴に招待できなかった友達やお世話になった人を招待して、華やかにそして盛大に、気取らず楽しめる一生の思い出をつくりましょう。

結婚式2次会の服装

結婚式(挙式や披露宴)では、ないので準礼装で良いと思います。「カジュアルでお越し下さい」と招待状に記載してあっても、ジーンズなどの普段着で出席するのが場違いな場合もありますので、最低限のルールを心得ておきましょう。、

  • 男性なら - スーツでノータイ。ジャケット着用。ポケットチーフやラペルピンでさりげないオシャレがオススメです。
  • 女性なら - ワンピース、スーツなど。ストールやパンプスとの組み合わせが重要です。
結婚式の衣装 

結婚式(結婚の日)は女性が主役ですから、普段より綺麗に、可愛らしくい一番の私でいたい、したいと思うものです。
結婚式は、人生の門出です。最高なあなたを演出し、両親への感謝とだんな様へのお願いの意を込めて、いつも以上に美しく仕上げる、衣装、のヘアスタイル(髪型)、メイクアップ、ネイル、エステなどを紹介します。もちろん、男性の婚礼衣装も紹介します。

ウェディングドレスの種類と選び方

ウェディングドレスのシルエットの種類別に紹介します。あなたにあった、ウェディングドレスをお選び下さい。

プリンセスライン

上半身フィットし、ウエストに切り替えがあり、スカートに広がりがあり、ふわっとしたボリュームがあり末広がりなのが特徴です。可愛らしさや華やかさはバツグンで、広がり(ボリューム)が調節できるので、比較的体型を問わず、誰にでも似合いやすいと人気のウェディングドレスです。

  • 背が高い - ○
  • 太め - ○
  • 背が低い - ○
  • 細め - ◎

Aライン

アルファベットのAの文字に似た形状で、ウエストから裾にかけて直線的に広がるシンプルなデザインです。Aラインはハイウエストなので、脚長効果も期待できます。いろいろな面から体型をカバーできるのも魅力です。

  • 背が高い - ○
  • 太め - ◎
  • 背が低い - ◎
  • 細め - ○

スレンダーライン

全体のシルエットが細く、ボディラインに沿って縦に長いストレートなデザインが特徴です。大人っぽい印象を与え、背が高くスリムな人にぴったりです。あまり広くない会場でも映え、ノーブルな雰囲気がだせます。別名:ペンシルライン

  • 背が高い - ◎
  • 太め - △
  • 背が低い - △
  • 細め - ○

マーメイドライン

人魚のようなシルエットで、膝までは体にぴったりフィットさせるシルエットで、膝下から裾に向かって人魚の尾びれの様に広がりのあるラインが特徴です。背が低めの人でも、裾を引きずるデザインなら似合います。

  • 背が高い - ◎
  • 太め - △
  • 背が低い - ○
  • 細め - ◎
カラードレスの選び方

カラードレスは、顔映りが良いか?!肌の色に映えるか?!など、まずは自分に似合う色を選びます。そして、好みのデザインを選び、体型に似合う物最終的に決定しましょう。その時、会場の内装や装花との相性も考えて選べば間違いないです。もちろん、ブーケはドレスに合った色のものにするのを忘れないで下さい。

和装

結婚式の和装は、日本に生まれたからには、一度は着てみたい憧れの花嫁衣裳ではないでしょうか?!和装を美しく着こなしたいと言う女性や、着てほしいと願う親も多い様で、最近注目を浴びているようです。着慣れない着物ですし、ましたや結婚式の衣装として選ぶのに、ドレス以上に何を基準に選べばいいのか迷うのも無理ありません。色柄、織りや染め、箔使いや刺しゅうの感じと選ぶポイントは多様にありますが、はおってみて自分の顔に映えるものを選択するのが一番です。

白無垢(しろむく)

打掛、掛下(打掛の下に着る着物)、帯、小物まですべてを白一色で揃えた和装のことです。和装の中で最も格式高い伝統の婚礼衣装で、神前式挙式に着るのが一般的

色打掛

白以外の色地を用いたのが色打掛です。色打掛は基本的に白無垢よりも格下に位置されていますが、最高位の和装であるため、正式な挙式でも問題ありません。一般的には、挙式は白無垢で、披露宴に色打掛という着かたをします。最近はオーガンジー素材など種類も急増しているそうです。

引き振袖(本振袖)

お引きずりなどとも呼ばれる裾を引いた振袖のことです。なかでも武家の婚礼衣裳に用いられていた黒引き振袖は、黒地に模様が描かれている振袖でリバイバル人気です。白無垢とも色打掛とも異なる独特の優雅さと気品あふれるシルエットが特徴です。

十二単衣

単(ひとえ)と袴の上に、桂(うちぎ)を12枚重ねて着る着物のことです。手には檜扇(ひおうぎ)を持ち、神主が使用するものと同じ浅沓(あさぐつ)を履きます。平安時代、宮中に仕える女性が身にまっとっていた装いで、白無垢や色打掛と比べるとひっそりした存在の婚礼衣裳ですが、神社で伝統的な神前式を行う場合は、衣裳も伝統にこだわり、十二単衣と衣冠束帯を着る人もいるそうです。

男性の衣装

結婚式は女性が主役と言われますが、やはり男性とのコーディネートを間違うとバランスが悪くなります。ベストカップルを目指すなら、彼とのコーディネートは必要不可欠です。色やデザイン、素材などメンズ衣裳も、女性の衣装に負けない物を選びましょう。種類と愛称を紹介します

フロックコート

背が高い人に合い、格調高い雰囲気です。昼夜兼用できるフロックコートが最近のもっとも選ばれています。膝丈ほどの長い上着が特徴で、存在感や重厚感を演出できると人気です。挙式はもちろん、披露宴では華やかなバンケットタイプに最適です。

モーニングコート

格式高い会場にふさわしい正装です。フォーマルのドレスコート(ルール)は昼間から日没の正礼装で、山型に切れ込んだ上着に縞のパンツを合わせるのが特徴です。高グレードで、品があり飽きがこない挙式に向いています。

テールコート

夜の正礼装で背が低い人にはぴったりです。もっとも格が高いとされる夜の礼装は、上着の裾が燕の尻尾のように分かれているのが特徴です。燕尾服(えんびふく)とも呼ばれ、前身頃の丈が短く脚を長く見せる効果があります。

タキシード

夜の礼装としてもっとも一般的です。タキシードの色は黒が基本で、黒の蝶ネクタイを結ぶのが原則です。結婚式では、白やグレーなどの着用するなど比較的自由に着られています。カマーバンドかベストを合わせるのが一般的です。最近は上着の丈が少し長いロングタキシードが人気です。

紋付羽織・袴

新婦が白無垢・色打掛・本振袖の場合、新郎は羽織と袴を装います。羽織は5か所(両袖・両胸・背)に染め抜きの紋がある五ツ紋が正装。もちろん、自分の家の家紋が施されたものを選ぶのが基本ですが貸衣装(レンタル衣装)などではなかなか難しいのが現実です。羽織は黒、袴は茶または黒の縞、帯はグレーまたはこげ茶、羽織のひもや扇子、足袋、ぞうりの鼻緒などは、すべて白で統一します。

結婚式の髪型

特別の日、結婚式には特別のヘアメイクで臨みたいものです!
振袖に合うスタイル(髪型)は、華やかなヘアスタイルが基本のスタイルです。
着物(振袖)姿は洋装よりも格段に華やかですので、ヘアスタイル(髪型)もそれに合わせておもいっきりおしゃれに、そして華やかにしましょう。
あなたにあった、あなただけの結婚式の髪型をチョイスしてみてください。

髪型(ヘアスタイル)は大きく分けて
アップ
アレンジヘアダウンスタイルの3種類です。

前髪、後髪にわけて髪型を紹介します。 結婚式にあった、あなたに似合う組み合わせをしてみて下さい。 大体決まったら、後は美容院で美容士さんにお話してみましょう! その時に、髪飾りの相談もしてみるといいですよ。

前髪(前髪で決まる見た目の印象!重要ポイント)

  • ポンパドール (前髪まとめふわっとアップにしてつくる。)
  • オールバック (前髪を分け目なく後ろに持っていく。)
  • サイドパート (前髪を左右どちらかよりに分け目をつくる。)
  • 斜め前髪 (額が半分位前髪を斜めにおろす。)
  • オンザ (額が前髪で隠れている状態。オンザ眉毛が有名です。)
  • センターパート (顔の真ん中に分け目をつくる。)

後髪:アップスタイル(華やかさを作る一番のポイント)

  • 低位置シニヨン (襟足、首筋でまとめ、しっとりと落ち着いた印象。)
  • 中位置シニヨン (真ん中あたりでまとめ、ナチュラルな印象。)
  • 高位置シニヨン (頭の上の高い位置につくる。華やかな印象)
  • 夜会巻き (清楚な感じで、上品な印象にしてくれる正統派スタイル。)

後髪:ダウンスタイル (人気のヘアスタイル)

  • ストレート (ナチュラルな飾らな雰囲気が、清楚な印象。)
  • ウェーブ (ゆるやかでふんわり華やかさに優しい印象。)
  • しっかりカール (ボリュームがあるので、存在感のあるゴージャスな印象。)
イメージで決める結婚式の髪型の組み合わせ

キュート (髪に動きをつけ、可愛らしい雰囲気)

  • アップスタイル - ポンパドールorオンザ+毛先を散らすor逆毛
  • ダウンスタイル - ポンパドールorオンザ+ふわふわウェーブ

ゴージャス (存在感を出し、大きく見せるのがポイント)

  • アップスタイル - オールバック+高い位置にシニヨンor夜会巻き
  • ダウンスタイル - オールバック+しっかりカール

ナチュラル (自然で落ち着いたやわらかな印象)

  • アップスタイル - ななめ前髪orサイドパート+低めのシニヨン
  • ダウンスタイル - ななめ前髪orサイドパート+ストレートor三つ編みorゆるやかウェーブor横結び

エレガント (アップにし、額を見せて優雅で知的な印象)

  • アップスタイル - センターパートorサイドバート+夜会巻き
  • ダウンスタイル - センターパートorサイドバート低・中間位置にシニヨン
結婚式のネイル

結婚式といえば、生涯で最高の美しさを演出したい物です。ドレスなどの衣装+髪型+メイクだけでなく、最近ではネイルにまで気を使うようになって来たようです。
ウェディング用のネイルチップをオーダーしちゃおう!

  • 和装 - 柄:和風ベース(桜、ぼたん、菊、トンボなど) 素材:金箔、ストーン、パール 色:赤、紫、黒、ゴールド、緑
  • 洋装 - 柄:フレンチベース(フラワー、ハート、リボン) 素材:ラメ、ストーン、パール 色:ピンク、白、シルバー
結婚式のメイク

結婚式のメイクは写真に残るので重要です。崩れない、そして美しくが基本です。慣れてない人にメイクをしtえもらうのが不安な人も多いはずです。でも、結婚式の前にリハーサルでメイクをしてくれる所も多いようです。衣装にと髪型にあったメイクを一度相談してみるのが良いでしょう。

結婚式のエステ

結婚式で、ドレスを着る人も多いと思います。ドレスといえばやっぱり気になるのが、肩から背中、腕にかけてです。肩のラインを出した方が綺麗に見えますし、見える所が綺麗だと余計に綺麗に見えます。本来の体から綺麗に美しくしておく必要があります。結婚式の3ヶ月前くらいからのウェディングエステと言うプランを設定している所もあります。脱毛はもちろん、たるみもやしわもの悩みも解消します。結婚式の前くらい、贅沢にエステで心も体もリフレッシュしてみるのも良いものです。

結婚式のご祝儀の相場

結婚のお祝いは、現金でという人が多いのではないでしょうか?!と言うのも、披露宴などに招待された場合など、ご祝儀を包む場合が多いあらと言われています。しかし、どのくらい包んだら良いの?と言う人も多いはずです。個々で経済状況もありますので、相場も違ってきますが、頂いたりやっていただいた分と同等以上のお返しするのは礼儀です。そう言った事も踏まえて、一般的な相場を紹介します。

披露宴に招待された場合

  • 親族場合 - 50,000円(夫婦で出席70,000円)から100、000円(家族100,000円、親戚70,000円が一般的)
  • 恩師・上司の場合 - 30,000円から50,000円 (50,000円が一般的です)
  • 友達・同僚の場合 - 20,000円から50,000円 (30,000円が一般的です。)

披露宴に招待されていない、又は披露宴を開催しない場合

  • 親族場合 - 披露宴の有無関係なく相場は同等 (ただしお料理代がない分50,000円が一般的です。)
  • 恩師・上司の場合 - 10,000円から30,000円(一般的には10,000円)
  • 友達・同僚の場合 - 5,000円から30,000円(一般的には10,000円)
ご祝儀のタブーとマナー

結婚のご祝儀の金額は、9は「苦」に通じるとされ、1桁の偶数は割りきれるので、縁起が悪いとされています。しかし、なぜか2万円だけは大丈夫だと言われています。2万円というのがご祝儀金額として比較的使われやすい金額で、2と言う数字には、「夫婦」を表すとか、「二重の喜び」に通じるなどと様々な理屈がついています。ただし、やはり偶数は、縁起が悪いと考える方も見えますので、2万円の場合は1万円札1枚と5千円札2枚にして、割りきれない枚数を包む事をお勧めします。表書きやのしには、「御祝」「銀婚式御祝」「金婚式御祝」と書きます。

結婚式のお祝いについて

結婚のお祝いをプレゼントする場合は、遅くとも挙式の1週間位まえまでに贈りましょう。お祝いの品は、結婚生活などで使用できるものを贈るのが良いのですが、重なってしまったり、好みが違ったりする場合があるので、欲しい物を聞いて贈るのが一番です。しかし、結婚のお祝いでタブーとされる品物があります。「切れる」「割れる」と言われる物です。例えば、「切れる」は刃物で代表される包丁やナイフ、ハサミなどで、「割れる」は鏡などです。しかし、壊れ物(グラスや陶器)も近年では人気も高く気にすることないそうです。プレゼントなどの和は奇数又は、1ペア(1組)や1ダースです。4組のティーセットなどは避けた方が無難でしょう。金品を贈るときの表書きやのしには、「御祝」「銀婚式御祝」「金婚式御祝」と書きます。お返しには「寿」「金婚内祝」「内祝」と書きます。

結婚のお祝いのプレゼント おすすめの品

  • 観葉植物
  • フォトスタンド
  • 夫婦にあった、「名前の詩」
  • 電化製品(空気清浄機、加湿器、掃除機など)
  • 石けん
  • スプーンなどのカトラリーのセット
  • ギフト券(図書券、全国共通百貨店券、グルメ券など)
結婚式に欠かせない歌「賛美歌 いつくしみふかき/星の世界」の歌詞

結婚式でよく歌われる賛美歌312番です。

  • いつくしみ深き 友なるイェスは 罪科(つみとが)憂い(うい)を 取り去り給う
    心の嘆き(なげき)を 包まず述べて などかは下ろさぬ 負える重荷を
  • いつくしみ深き 友なるイェスは 我らの弱きを 知りて憐(あわ)れむ
    悩み悲しみに 沈めるときも 祈りに応えて 慰め給わん
  • いつくしみ深き 友なるイェスは 変わらぬ愛もて 導き給う
    世の友我らを 捨て去るときも 祈りに応えて 労(いたわ)り給わん。
結婚式のスピーチのポイント

結婚式のスピーチ依頼をされたら、話すことが苦手でも快く引き受けましょう。
スピーチは披露宴が楽しく進行するかどうか、その成功の鍵を握るものです。苦手な人も本番であがってしまう人も、スピーチの話すこと事前にまとめ、練習しておけば心配ありません。個性あふれるあなたらしいスピーチをすれば、成功間違いなし!
スピーチのポイントを紹介します。

スピーチの内容は短く

主賓で5分程度、お友達なら3分程度が最適。長すぎると披露宴がだらけてしまいます。

盛り上げる内容の楽しいスピーチ

ポイントは1つにしぼって、新郎や新婦との楽しいエピソードなどを入れ話しましょう。欲張ると話が長くなります。ただし過去の男女関係や下ネタなどの場が白ける話題や内輪で盛り上がる内容は絶対にダメです。

スピーチの内容に忌み言葉を使わない

別れる、切れる、断る、帰る、終わる、去るなどの縁起の悪い言葉は避けましょう。その他、重ね言葉(返す返す、くれぐれも、重ね重ね、皆々様など)も避けましょう。

悪のりしない

結婚式には、新郎新婦だけでなく、親戚の方や会社の上司の方、お相手のお友達などさまざまな立場の方が出席しています。スピーチでふざけてみたり、ダジャレを言ってみたり、内輪ウケは見苦しいものになってしまいます。みんなが楽しめる内容で、余興は多少砕けた感じでも良いですが、スピーチは一般的な内容にしましょう。

早口でのスピーチは厳禁です

せっかくのスピーチも早口では、内容が伝わりません。新郎新婦や列席者に話しかける気持ちで、ゆっくりはっきり話しましょう。

結婚式の披露宴や2次会、結納、両親顔合わせに利用できるレストラン

結婚式のお食事に、お昼は親戚回りで家族と、夜は服を着替えて、友達とお酒で乾杯!
思い出に残る結婚式ディナーをお楽しみ下さい。
【家族、親戚とのお食事】
家族との食事は幼少の頃からお世話になった、近くの寿司屋などのお店でお食事する人も多いのではないでしょうか?!
全国お勧めレストラン
和食---吉兆、なだ万、神田川、美濃忠、美々卯、かに道楽、中納言、
中華---福臨門(フクリンモン)、鼎泰豐(ディンタイホンorティンタイホン)、重慶飯店(シュウケイハンテン)
【友達とのディナー】
居酒屋---お父さんと言えばやっぱり居酒屋、オシャレじゃないけど一番喜ばれます。
フレンチ---MIKUNI(三国)、CHEZ MATSUO(シェ松尾)、Maxim's de Paris(マキシム・ド・パリ)、
Taiyuban robushon(タイユバン・ロブション )、銀座レカン、ホテルニューオータニ(トゥールダルジャン)
イタリアン---Furutoshi(フルトシ)、Ponte Vecchio(ポンテヴェッキオ)
無国籍料理---KIHACHI(キハチ)
ディナースポット---六本木ヒルズ(東京)、ハービスエント(大阪)、セントラルタワーズ(名古屋)

結婚に関連した言葉

結婚○○を集めました!

  • 結婚記念日:結婚後、毎年結婚した日(婚姻を成立した日。挙式をした日と言う人もいます。)を、
    思い出したり、祝ったりする記念日。
  • 結婚記念式:結婚後、何周年目かに結婚生活を祝って行う記念式。
  • 結婚行進曲:婚礼の場で演奏される行進曲。
    メンデルスゾーンの劇音楽「真夏の夜の夢」に含まれる曲が有名。別名:ウエディングマーチ。
  • 結婚詐欺:結婚を約束して相手を信用させ、金品などをだましとること。
  • 結婚適齢期:結婚するのにふさわしいとされる年ごろ。適齢期。